広告 

アトピーで悩んだ医師が開発した化粧品から、敏感肌でもOK

タルミ・シワと言えば、かつては皮膚形成外科で、メスを使い皮膚を釣り上げて治療を行うものでした。顔と言えども内科の手術と同じ、大量の出血を伴い、失敗の恐怖もありました。

数年前までは、塗る化粧品でケアしても、それほど効果を期待されていないといった風潮だったのです。ペプチド化粧品

化粧品でしわやたるみケアは、はじまったばかり

近年、メスを使わないタルミ治療として、美容皮膚科ではレーザーによる治療を行っています。

皮膚の真皮層にあるコラーゲンにほんの少しダメージを与え、肌の回復力を利用した熱ショックタンパク質(ヒートショックプロテイン)という治療です。

ただ、一時的に集まり増えるコラーゲンは、時間と共に失われていくために、定期的にレーザーをあて続けないと、ハリのある顔が維持させられません。費用も掛かり、美容皮膚科に通う時間を割く必要があります。

次第に、コラーゲンを生成する線維芽細胞を活性化させる、ペプチドと呼ばれる成分が開発されます。最初は、医療現場でやけどの治療に使われていましたが、美容成分として化粧品に配合され始めました。

『メスによる手術は嫌』、『レーザー治療を行うには、時間も金銭的にも厳しい』と考えていた、普通の女性でも自宅で、ペプチドが使える時代になりました。

最先端の肌再生コスメが低刺激で魅力

ペプチドを入れた化粧品のひとつに、ミューノアージュがあります。

日本で化粧品に配合できるペプチドから、7種を厳選し、日本人の肌に合わせてつくられています。ミューノアージュは、皮膚再生治療の研究を行ってきた、東京ミッドタウン皮膚科形成外科ノアージュの院長であり、専門医の小泉明子医師が開発したドクターズコスメです。

小泉医師は、自らも幼少の頃アトピー性皮膚炎に悩み、治療を受けた皮膚科医の言葉が忘れられずに、医師を目指しました。ご自身の経験から、肌に刺激を与えない成分を厳選して、肌再生に効果のありながら敏感肌の人でも使える、化粧品を開発し続けています。

スポンサードリンク

これは、ミューノアージュの強みであり、魅力です。

口コミには、『敏感肌の私でも、使い続けられる』という書き込みあります。 ミューノアージュクリーム

7種のペプチドとは

アミノ酸が数個つながった構造をペプチドと呼び、タンパク質とアミノ酸の中間の性質を持つものです。

ペプチドの種類によって働きが異なり、ミューノアージュには下記の7つのペプチドが含まれています。難しい名前がついていますが、FGFやEGFといった良く聞く成分を見つけました!

  • ヒトオリゴペプチド-13 ⇒ 弾力・強化 FGF-2
  • オリゴペプチド-6 ⇒ 深いシワを改善
  • アセチルヘキサペプチド-8 ⇒ 塗るポトックス様成分
  • アセチルテトラぺプチド-5 ⇒ アイクリーム成分
  • ヒトオリゴペプチド-24 ⇒ ヒアルロン酸合成促進
  • ヘキサペプチド-11 ⇒ 紫外線ダメージの回復
  • ヒトオリゴペプチド-1 ⇒ ノーベル賞受賞成分 EGF
ミューノアージュのおススメアイテム

ミューノアージュのアイテムの中で、7種のペプチドがはいっているものは下記の3つです。

  • モイスチュアチャージローション(保湿化粧水)
  • アドバンストリジュビネーションクリームEx(エイジングケアクリーム)
  • リペアクリーム(アイクリーム)


ペプチド化粧品

ペプチド化粧品

スポンサードリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+