広告 

洗顔料に、フラーレンやプラセンタ配合してる!

『アロ クリムサボン』という洗顔フォームをご存知ですか?
口コミサイト@cosmeの洗顔フォーム部門で1位を獲得した、クリームの容器に入った洗顔フォームです。(2012年10月1日から2012年12月31日まで)

 

わずかな汚れも残さず洗いたいけど、潤いは残したい

新しい1日が始まる時、すっきりと汚れを落とした後で、スキンケアをしたいものです。
でも、多くの女性は洗いすぎです。

清潔好きで潔癖症の女性が多いために、日本人の女性の大半は、乾燥肌で悩んでいます。
洗い過ぎは駄目。しっかり汚れを落とそうとゴシゴシ擦っても駄目です。

ちょっとの汚れも許さない、厳しい気持ちで洗顔すると、肌を潤わせている皮脂まで洗い流してしまいます。 乾燥対策の基本は、今持っている潤いを減らさないことです。

皮脂は、乾燥や外部の刺激から守っている、ベールの元なのですから。
ベールを取り過ぎると、肌の水分は外気にさらわれてしまいます。

ご存知でしたか?
洗顔後の肌のつっぱり感は、皮脂の落とし過ぎによるもので、肌の水分が逃げているために起きるそうです。
『アロ クリムサボン』は、潤いを逃さない洗顔料です。

スポンサードリンク

 

アロ クリムサボンの特徴

『アロ クリムサボン』は、フラーレン・プラセンタ・スクワラン・コラーゲン・パール等の美容成分をたっぷり配合しています。
しっとりと潤った肌であれば、強い紫外線にあたっても、日焼け・炎症・乾燥などに負けてはいません。
ガードが強くなり、肌に負担をかけません。

フラーレンは、ビタミンCやビタミンEをはるかにしのぐ、抗酸化力を持っています。
コラーゲンは、日中の乾燥から守り潤いを肌に与え得えますし、パールは、抗酸化作用、細胞を活性化させる作用、保湿作用に優れています。
グロースファクタ成分である、プラセンタは、肌再生を促して肌にハリをもたらしてくれるのです。

 

気持ちがいいから肌にも優しくなれる

1日が終わり疲れた心と体で、メイクを落とし洗顔する時は、さっぱりと疲れまで洗い流して欲しいと思っているはずです。
ハゲかけたメイクにイライラしながら、つい力を入れて顔をこすったりしてしまいませんか?
メイクや皮脂でべたつく肌はやっぱり気持ちが悪いですもの。

『アロ クリムサボン』の濃密な泡なら、洗顔後の満足感もあるはず。
上記に書いた美肌成分が、それぞれの役割をしっかりと果たして、明日の朝の嬉しい予感で、満たされたまま、眠りにつけるはずです。

そんな大人の女性だけが使える美肌洗顔石鹸です。

スポンサードリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+