広告 

コラーゲンの体の中の働きが明らかになった

コラーゲンを飲んでも、飲んだコラーゲンがそのままコラーゲンになるわけではありません。コラーゲンを飲むと、コラーゲンを作る線維芽細胞を活性化してくれます。

このコラーゲンの働きが、昨日のガッテンで明らかになりました。 ガッテンの公式サイト

コラーゲンを飲んだ際、胃や腸で消化しきれなかったコラーゲンの断片(医学的にはペプチドと呼ばれています。)が、コラーゲンを作る指令をだすためです。 詳細は、昨日の記事へ。

コラーゲンを作る線維芽細胞は、コラーゲンの断片が血液中にあると、どこか体に損傷があると判断します。線維芽細胞はあわてんぼうだからだそうです。ダメージを回復させるために、線維芽細胞が自身が増えます。増えた線維芽細胞が、各々コラーゲンを作り増やしていくのです。包帯で巻かれた腕

全ての人がコラーゲンを飲む効果を実感できるわけではない

ガッテンの実験結果で、コラーゲンが効く人と効かない人がいることが、はっきりしました。

実験に参加した方は、40代以上のお肌に幾分悩みのある方ばかり6人。6人の内、半分の3人は、変化がありませんでした。実験内容は、1日5gを4週間、摂取し続けることです。

摂取する方法と摂取する時間は、個々におまかせです。効果が現れた、3人は、肌水分量のアップが39%、19%、18%で、しわが27%、32%、35%と、はっきりした数値を出しています。

効果が現れやすい人は、京都大学大学院農学研究科の佐藤健司先生によると、体の中にダメージを抱えているためだそうです。ダメージとは、けが、日焼けのしすぎ、年齢による乾燥などを指します。ダメージがあるとコラーゲンを飲むことで、線維芽細胞が増殖しやすくなります。

スポンサードリンク

現在、コラーゲンが使われている場所は病院です。ドイツの病院では、間接の痛みを抱える患者に、日本の病院では床ずれに悩むお年寄りに、けがの回復用として使われています。また、病院ではありませんが、大学の駅伝部でも、間接やけがの痛みを和らげるために、使われているそうです。

ガッテンのスタッフが、意図的に擦り傷を病院で作り、コラーゲンを飲んだ時と、飲まない時との実験結果を発表していました。コラーゲンを飲んだ場合の方が、5日目で擦り傷にマクができて、早い結果がでています。

けがの他にも、コラーゲンの可能性はある

コラーゲンは、まだまだ研究が進められている途中です。

ガッテンでは、けがに利用されている話が中心でしたが、動脈硬化などにも期待できるようです。血管の20%はコラーゲンが占め、コラーゲンを摂取すると血管がやわらかくなり、摂取しない場合と-5歳の血管年齢の差がでます。

美容は、体が健康であることが大前提です。特に、シワやたるみの悩みを改善するには、それこそ血管年齢も若い方が良いに決まっています。

コラーゲンは本来、人間の体にあるものですし、原材料も魚のうろこなどで、自然界に存在しているものです。ゼリーなどに使われているゼラチンと、同じ物質なので、長年食生活の中で、食べ続けきた食材です。

また、ゼラチンを含めコラーゲンを毎日食べ続けて、何か不都合があったという症例も聞きません。コラーゲンは、美容サプリの中で最も安心なサプリといえます。

コラーゲンサプリを選ぶ方法

コラーゲンサプリは多種多様ですが、良い選ぶ方法として、線維芽細胞に指令を出すコラーゲンの断片を多く配合したサプリメントがあります。早くからコラーゲンの可能性を研究し続けている、ニッタバイオのものです。コラゲネイド

初回限定で、コラーゲンを入れる容器もついて、お得に購入できますので、試してみたらいかがでしょう?

スポンサードリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+