広告 

確かなエビデンスで、安心して年齢肌ケアをしたい方へ

塗るコラーゲンで期待できる効果は、肌の表面を覆ってヴェールをつくる保湿効果と言われています。
コラーゲンは、らせん状に絡み合っているので、その隙間に水分を抱え込むこともできるからです。

本当は、肌の弾力成分になって欲しいですよね。女心として。
次々に低分子のコラーゲンが開発されて浸透力は上がったもののやはり、角質層の隅々を潤わせるまでと言ったところです。

化粧品は夢や幸福感を与えてくれますが、過信はいけません。
期待はずれで激情したところで、誰も慰めてはくれませんもの。
黒ぶちメガネのアップ

 

ビタミンCとアミノ酸配合の化粧品をご紹介

地味で楽天などを中心に販売を重ねているリソウコーポレーションからのリペアジェルは、コラーゲン生成を促すジェルと言われています。
世界初の技術を取り込んだ、アミノ酸生命体とビタミンC生命体を使用しています。
リペアジェル

 

天然100%の成分配合で、水を一切含まない美容液のテスクチャーは、ひと言でいうなら、硬いし伸ばしにくいです。
しかし、天然成分でありながらパラペンなど合成防腐剤を、一切含んでいません。
たまたま使用していた植物成分の中に、腐食を防ぐ作用があったそうです。

硬いテスクチャーは、普段使いの化粧水等で伸ばすと、肌に馴染みやすく、さらっとしたつけ心地となります。
肌に馴染ませるにつれて温かみを感じますが、これは、超微粒子成分が浸透している証拠なのだそうです。
もともと人の肌は、害のあるものを浸透させない防衛本能があります。でも、リペアジェルは、天然100%の成分のためにそうした拒絶反応もなく、すぅーと入りこむのだそうです。

 

世界初の生命体技術とは

世界初と認めたのは、「米国化粧品工業会(PCPC)」で、そのPCPCの審査は、非常に厳しいと言われています。
他にも、ドクター監修の第三者機関による数々の臨床試験において、検証されてきています。
インターネットでドクターが化粧品を、検証評価している『スキンケア大学』でも、リペアジェルの体験レポートの記事を見たことがあります。

このふたつの生命体技術は、原材料はお米です。
お米に有害な物質が含まれないように、その生産過程においても目を配り、契約農家で無農薬で栽培されたもののみを使うという、念の入れようです。
原材料段階でのこだわりが、コスト高になっているために、費用のかかる宣伝をできるだけしません。

植物が持つパワーを最大限に引き出し、新鮮な状態で肌に届くことができるようにと考えられたのが、『生命体技術』なのです。

 

リペアファンデは好きだったけど、ジェルは・・・

以前より、リソウのリペアファンデーションを使用していた私は、ジェルにはそれほど関心がありませんでした。
アミノ酸とビタミンCと、ありきたりな成分にそれほど目新しいものを、感じることが無かったのです。

でも、リソウから送られてくる機関紙から、生命体技術は医学誌『医学と薬学』に、臨床試験の論文として掲載されたとありました。
また、薬学博士の石神昭人氏の試験では、ビタミンC生命体を使って、細胞レベルのコラーゲン生成を検証されています。
つまり、生命体技術を使えば、肌老化の元凶といわれたシミ、シワへの働きかけができるのですね。
医学と薬学

スポンサードリンク

 

コラーゲンが不足するとどうなるのか

多くの女性が今や知るところとなったコラーゲンの働きではありますが、コラーゲンが不足するとどうなるのかを、今一度上げてみることにしました。

  • ハリ不足
  • シワやほうれい線が目立つ
  • シミが目立つ
  • 肌のカサツキ
  • 髪のツヤ、コシがなくなる
  • 爪が割れやすくなる

バインダーとペン

 

肌は外気に触れて刺激から守る『表皮』と、表皮の10倍の厚みを持つ『真皮』から構成されています。
真皮に弾力性のあるスプリング状のコラーゲンが、細胞と細胞を繋ぎとめながら存在します。

コラーゲンは水分や、ヒアルロン酸、プロテオグリカンなどの保湿成分を、抱え込んでいます。
そのため、コラーゲンが不足すると土台が変形して、しわやたるみの原因になり、カサツキ肌を実感するようになっていくのです。

コラーゲンは、シワやたるみの原因ばかりではありません。
肌再生を行うための栄養の受け渡しができなくなり、ハリのある丈夫な肌が作れなかったり、肌再生の周期が遅れがちになっていきます。
肌再生の周期の遅れは、本来排出されるべきメラニン色素を、押し上げることができなくなり排出されません。
角質層が分厚くなってくすみが生じたり、シミの原因になるのです。

顔のコラーゲンが不足する年齢になると、当然頭皮のコラーゲンも不足します。
当サイトは、顔のたるみですので、髪について言及しませんが、頭皮のハリが失われると、繋がっている顔のたるみにも繋がってきます。

コラーゲンの原材料は、アミノ酸ですが、アミノ酸単体では作り出すことができずに、ビタミンCの力を借りてコラーゲンを生成させています。
アミノ酸とビタミンCが、コラーゲン生成の促進の要素であることは間違いありません。

 

皮膚科でも勧めているリペアジェルを購入してみました

リペアジェルの箱

 

上記にちらりと書きましたが、リペアジェルは、原材料や石油由来界面活性剤を使用していないために、かなりのコスト高です。
そのため通常の美容液より、やや高いのが難点でした。
リペアジェル

 

しかし、最近お試し用の8mlタイプのものが、送料無料で購入できるようになりました。
今注文すると、ジェルと一緒に混ぜて使えるように、リペアウォーターも貰うことができます。
リペアウォーター

 

箱にはリペアジェル、リペアウォーター共に、ビニールで封をしていて、未開封であると主張しているようです。
リペアジェル
リペアウォーター

 

使った実感は、『硬~い、温かい』で他のものとちょっと違いました。
リペアジェル

 

ほらだって、これだものと、ガラスの板に載せてみました。
リペアジェル

トライアルが無くなる頃は、『私の肌はたいぶくたびれていたわね』とおばあちゃんのような心境になってしまいました。
かなり肌は、元気になります。

スポンサードリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+