広告 

線維芽細胞を増殖させるフィト発酵エキスとは

毛穴が涙型になり、まぶたが下がり、フェースラインも緩み始めたら、肌奥の真皮層にある弾力成分が少なくなっている証拠です。
弾力成分とは、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、コンドロイチンなどで構成されています。
フィトリフト・オールインワンジェル

 

動物性プラセンタ以上の働きを見せている

目で見てわかるほど、真皮層の弾力成分が劣化しているのですから、もし、不足分を化粧品で補おうと思ったら大変です。
イヤ、無理です。

自らの力で、増やしてもらわなくては、やっぱり無理だよぉ~ということになります。

これらの弾力性分を増やす方法に、コラーゲン線維芽細胞、エラスチン線維芽細胞などの線維芽細胞を増殖させる方法があります。
線維芽細胞に働きかけ増やすために、最もよく使われるのはプラセンタです。

ただ、動物性プラセンタに、抵抗がある方は少なからずいるはずです。
実は動物のプラセンタを上回るほど、高いエイジング効果を見せている植物性の成分があります。
それは、フィト発酵エキスといわれ、発酵菌と穀物を使って発酵・培養して作りだされたものです。

 

フィト発酵エキスは、医薬品としても利用

医薬品としても利用されるフィと発酵エキスの働きは、線維芽細胞などの成長因子を増力し、肌荒れなどをケアし、高い保湿効果をもたらすというエビデンスが出ています。

成長因子FGF-2の遺伝子を持っているので、真皮内のコラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチン、エラスチンへの期待も高まるわけです。

さらに、肌表面の表皮組織も活性化し、ターンオーバーを促進させてる働きもあるのです。
まさに、動物性プラセンタの勢いに負けないくらいの迫力を、持っています。すごいね。

 

弾力成分劣化の原因

肌の弾力成分が劣化してやせ細っていく原因は、乾燥、年齢、紫外線によるものです。

これらの原因を予防しながら、フィト発酵エキスのパワーで、弾力とハリを取り戻そうとするジェルを見つけました。
イマージュから出ている、フィトリフト・オールインワンジェルです。
フィトリフト・オールインワンジェル

成長因子成分だけを配合しているのではなく、同時に、肌老化の原因をケアしてくれます。

スポンサードリンク

しかも、オールインワンジェル、つまり一つで、それらの機能を果たそうとしています。
攻撃は最大の防御と言いますが、化粧品に限っては、防御は最大のエイジングケアになると考えます。

 

弾力を失わせない!乾燥ケアとは

乾燥肌が直接コラーゲンを減少させるわけではありませんが、乾燥した状態のままにしておくと、様々なトラブルを引き起こします。

肌再生がされにくくなり、ターンオーバーが遅れていきます。

乾燥した肌は外部の刺激に弱いので、肌環境が悪化してしまうのです。
紫外線から守る力も減ります。

紫外線は、コラーゲン組織を傷つけるUVAを持っていますので、乾燥した肌はUVAをから守りきれずに、コラーゲンを失ってしまうのです。

フィトリフト・オールインワンジェルには、5つのエイジングケア成分が配合されています。魅力となるのはコメセラミドが配合されていて、肌を守る機能をサポートします。

  • 浸透性コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • スーパーヒアルロン酸
  • ビタミンC誘導体
  • コメセラミド

フィトリフト・オールインワンジェル

 

弾力を失わせない!年齢ケアとは

女性ホルモンは、コラーゲン線維を維持したり、コラーゲンの賛成を促します。
女性らしいふっくらとした肌をつくるサポートをしてくれます。

女性ホルモンに似たダイズエキスを配合しています。

 

弾力を失わせない!紫外線ケアとは

紫外線により、肌が酸化したり糖化したりして、シミの原因をつくったり、黄ぐすみを起こさせます。硬くなった肌をふっくらさせて柔軟にするために、バラ子房エキスをを配合しています。

 

ハリネット処方

フィトリフトの魅力の一つに、ハリネット処方があります。
何度も折りたたまれて刻まれていくシワを、跳ね返すバネのような力があれば、シワは刻まれません。

フィトリフトは、形状記憶のように肌の弾力を増強します。
衰えてくぼみ始めた肌をぴーんと張らせ、ハリのある肌をつくってくれるのです。

徹底的に、弾力にこだわった面白いオールインワンジェルなのですね。

スポンサードリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+