広告 

年齢による肌老化の対策に光が

肌老化の原因は、年齢、光老化、乾燥、食事等の生活習慣、血行、ホルモンバランスと色々ありますが、年齢によるものは解決しえないものとされていました。

年々肌にシワがより、弾力が失われたるんでいく肌は、メスを使い外科的に顔の皮膚を引き上げるしか方法が無いとされていたのです。
医療整形の技術は、医療機関によって異なり、内臓の手術をするほどの出血量があると聞いたことがあります。
太陽がじょうろで植物を育てているイラスト

 

コラーゲンが良さそうって分かってきた

次第に、弾力成分がコラーゲンであり、口から食べたり塗ったりすることで改善されることがわかり、次々に魅力的なサプリやクリームが登場しています。
ただ、外から与えるコラーゲンが自らの肌弾力組織の中に取り込まれ、充分に働いているかどうかは、賛否両論あり、人によって効果の有無がわかれているところです。

 

補うことから、自ら生み出すことへ

やがてレーザー技術が進み、肌のコラーゲン線維にダメージを与えることで、ヒートコントラクション効果により、肌を引き締めることができるようになりました。
自らの力でコラーゲンの産生力を高めることにより、与えるコラーゲンよりはるかに、可能性が広がっていきます。
なぜなら、自分の顔が、数年前の顔に逆戻りするなんてSF的なことが、現実に起こるようになってきたからです。

スポンサードリンク

 

レーザーが怖い女子のために考えられた成長因子成分

それでも『レーザー治療は高嶺の花だわ』と多くの女子が考えていたのですが、レーザーを当てるのと同じように、肌の組織を増殖させる成長因子成分が開発されたのです。
成長因子成分は、肌の組織ごとに異なり、現在美容部門で脚光を浴びているのが、下記の5種類です。

  1. EGF(上皮細胞増殖因子)
     ・・・ 表皮層に対して成長・再生・修復の働き
  2. FGF(線維芽細胞増殖因子)
     ・・・ 真皮層のコラーゲンを再生する線維芽細胞を活性化
  3. HGF(肝細胞増殖因子)
     ・・・ 細胞成長と皮膚、血液、骨、神経組職などの細胞分裂を促進させる働き
  4. IGF(インシュリン様成長因子)
     ・・・ 上記の働きのほとんどに影響を与える成長因子

また、分解された成長因子ではなく、植物の幹細胞をそのままエキスにして、再生能力の司令塔である真皮幹細胞をサポートする方法もとられています。

動物の胎盤であるプラセンタエキスには、上記の4つのグロスファクターは勿論、免疫力を向上させる因子や、神経細胞増殖因子等も含まれていると言います。グロスファクターコスメとして、多くの女性をとりこにしているのは、一度多くの成長因子を肌に送り込むことが可能だからです。

スポンサードリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+