広告 

どんなタイプのシワでも、お任せあれってところがいいね

風船がしぼむように肌弾力が減ると、表情じわも目立ち始めてしまいます。風船は空気ですが、人間の場合はそう簡単ではありません。
水分を補ったり、弾力を構成する栄養を補ったりして、弾力アップケアを続けていく必要があるのです。

シワの悩みを解消するには

肌に水分と弾力をたっぷり蓄えていれば、喜怒哀楽によって動くために、折り込まれていく表情じわとて怖くはありません。
例えば、苦痛を我慢している時の眉間のしわや、笑った時にできる目尻の皺などは、一瞬の出来事、内側から押し上げるパワーがあれば気にする必要はないはずです。

肌弾力は、保水力のあるスキンケアを、使っても実感することができます。
年齢とともに、真皮層にあるコラーゲン線維が減ってしまうために、保水だけでは追いつかなくなるのです。

保水力のあること、真皮層のコラーゲン線維に働きかけてくれるスキンケアを、行い続けることが表情じわ対策には、必要になってきています。

ビーグレンは、医療現場で使われている貼り薬を応用して作られた、浸透力のある化粧品です。 ビーグレンのエイジングケアラインを使用して、化粧品でシワがどれくらいケアできるのかを探ってみました。

下記の写真は正規品。
正規品を1カ月間試したレビューがあります。 こちら
ビーグレンエイジングケアライン

肌弾力成分、コラーゲンを減らさないためには

コラーゲンは、年齢を重ねると体内で作られる量が減り、紫外線のダメージで減少していきます。
徐々にコラーゲンが減少し、しわやたるみができるのは、誰もが経験することです。

コラーゲンを減らさないためには、紫外線などの外部刺激に負けない強い肌にすることです。
肌のバリア機能を高め、水分量も増やし、紫外線の侵入を防ぎます。

紫外線でダメージを受けても、肌を立て直すことが可能な成分は、ビタミンCです。
ビタミンCは、紫外線が損傷させるコラーゲン線維をはじめとする肌組織を守ることができると言われています。
また、コラーゲン産生を助ける働きもあります。

コラーゲン線維の減少は、肌弾力自身が弱くなるだけではなく、水分を蓄える貯蔵庫がなくなり乾燥が進んでしまいます。
つまり、コラーゲン線維の減少は、肌を均一に支えることができなくなりたるみを生じさせます。 水分量を抱え込むこともできなくなれば、乾燥が進んで肌のハリも失われてしまうということです。

表情しわ対策で注目の塗るポドックスとは

表情じわの対策として、昔から美容整形などで行われているのは、ポドックス注射です。
ポドックスとは、少し乱暴な言い方をするならば、筋肉を弛緩させる働きがあります。

表情しわは、顔が動くと一緒に表情筋という筋肉が動き、真皮層にへこみができることからおきます。
何度も同じ動作が繰り返される為に、真皮層の同じ場所のへこみがドンドン深くなって、深いシワに進行してしまうのです。

美容整形等へ行くと、顔を動かす時に一緒に動いてしまう筋肉を麻痺させる、ポドックスという注射をします。
だたポドックスは、処方する医師により効果も違い、継続的に注射を打ち続ける必要があります。

ポドックス注射と似た働きをする、アルジルリンは『塗るポドックス』と言われて、化粧品もあり好評です。

スキンケアで肌弾力アップに迫れるか

ビーグレンのエイジングケアセットを見た時、もう、美容整形ばかりに頼る必要はないという気がしました。
上述した正規品を試す前に、簡単に試せるトライアルを使っています。トライアルの感想を記載してみます。

10-YBローション

2014年4月よりリニューアルして、エイジングケアに特化したローションに仕上がっています。
肌のバリア機能を強化させ、肌を作る成分であるペプチドや、肌を作る組織を活性化させる成長因子を配合しています。

スポンサードリンク

コラーゲンやヒアルロン酸自身も加わって、しっとり感を実感しながら、肌弾力アップに貢献してくれています。

特にこの春のリニューアルのポイントとして、多くの有効成分が均一に肌の隅々まで届けられるように、複合成分をカプセル化していることにあります。

同じ成分が一箇所に固まることなく、バランスよく肌に作用してくれるのです。
こうした配慮は、従来の化粧品ではありそうでなかった事で、化粧水の中にバラバラに溶け込んで不均一のまま、肌につけているのがほとんどなのです。

つけてみると、トロリとしたとろみが肌を包み込むようです。
ビーグレンの浸透技術で、奥まで浸透してしまうせいか、肌表面の角層の保湿感はありません。サラサラしていて、通常の保湿重視のものと趣が、若干異なっている気がしました。

日を追うごとに、肌内部の保湿力が上がったのか、次第にローションを手に取る量が少なくなっていきました。
夕方のくすみに不愉快な気分になることも、減った気がするのは、やっぱり肌の保湿力が上がったせいなのかもしれません。
10YBローション

ビタミンCセラム

手にとった瞬間から温かみを感じます。
ちょっぴり刺激はありますが、つけ終わった後のビタミンC独特のカサツキ感がありません。

年を追うごとに広がってきた毛穴も、使う度に小さくなっていきます。
トライアルが終わるころ、肌くすみが改善できた気がするのは、やっぱりビタミンCのおかげねと、ニンマリしました。

他にもビタミンCは、美肌を作るために多くの貢献をし、特にコラーゲンを生成するのに役立つ成分です。
ただ、真皮層まで届かなければ、コラーゲン生成の働きも期待できません。

ビーグレンの国際特許の浸透技術は、肌弾力アップを実感できるでしょうか?
ビタミンCセラム

QuSomeモイスチャゲルクリーム

潤いを持続させることができるクリームです。
日中は、外気に肌水分を奪われ、紫外線からダメージを受け、細菌や花粉など、肌の敵は沢山あります。
こうした敵ももろともせず、潤い続ける肌を保つのは、至難の業です。

水分を補給するだけでも、ヒヤルロン酸といった保水力のある成分をつけるだけでも、バリア機能を強くするだけでも行けません。
多くの肌の敵に立ち向かうためには、全ての攻撃に向けて万全の準備をしておかなくちゃ駄目って、気がするのです。

モイスチャゲルクリームをつけてみました。
ゆっくりと、たっぷりの水分が入り込む感覚があり、夕方までしっかりと潤い残してくれました。
QuSomeモイスチャゲルクリーム

QuSomeモイスチャリッチクリーム

潤いが持続するためには、肌弾力が衰えていないことも必要です。
もし衰えてしまうと、乾燥が増すだけでなく、しわやたるみを引き起こします。

弾力部のエイジングケアは、肌老化を止めるうえで大切な役割をしています。
コラーゲンやエラスチンといった肌弾力を補うための、ペプチドなどの成分が配合されています。
QuSomeモイスチャリッチクリーム

トライアルがお得

ビーグレンはやっぱりトライアルがお得です。
しかも、もし合わない場合は、例え使い切ったとしても、購入してから365日以内であれば返金保証もついています。

スポンサードリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+