広告 

賢くなり過ぎた女は、確かな手ごたえを化粧品にも求めている!

最近特に耳にする、オリゴペプチド。オリゴペプチドの後に番号が振られていて、番号ごとに働きが異なっています。美肌作りをサポートするといわれている、ペプチドやオリゴペプチドについて、調べてみました。 顕微鏡

コラーゲンの合成を促し肌環境を整える働き

ペプチドとは、タンパク質を構成しているアミノ酸が、2個以上結合したものを言います。アミノ酸は、タンパク質の材料でしかありません。

アミノ酸を結合させることで、ペプチドが機能を持ち、細胞や肌環境に働きかけてくれるということです。バラバラに分解されたアミノ酸は、コラーゲンを合成するのか、エラスチンを合成するのか不明です。いずれでも、使われます。ペプチドの中には、コラーゲンを作る線維芽細胞に働きかけて、コラーゲンやエラスチンの合成を促す機能があります。

コラーゲンやエラスチンが丸ごと欲しい

しわやたるみの原因は、肌の奥のコラーゲンやエラスチンが、変形したり減少することです。年を重ねて、心もとない、コラーゲンやエラスチンを、肌奥の真皮細胞に、加えられれば最高です。

でも、コラーゲンやエラスチンの分子量は大きいために、肌に塗ったところで、角質の表面に留まり、浸透はすることはありません。適度な保湿効果の実感と、透明感が生まれるものの、それ以上の効果はないのです。

コラーゲンそのものではなく、コラーゲン線維芽細胞に働きかけるペプチドは、小さい。ゆえに、コラーゲンよりは浸透性が良くなります。肌に良い働きをする、ペプチドをつけることで、弾力やもっちり肌の実現を考えたようです。

ペプチド毎に決まった働きがある

効果が期待できる、化粧品の成分が増えました。医薬品に使われているオリゴペプチドなどを、化粧品に配合することで、より確かな手ごたえが期待できそうです。ただ、あくまでも化粧品なので、作用は穏やか、即効性も低いことはやむをえません。

例えば、オリゴペプチド-1(EGF)は、ノーベル賞受賞成分であり、やけどや皮膚移植などに使われてきました。化粧品の配合表示の中にもその名を見られます。現在化粧品に使われている、ペプチドの種類とその内容を簡単に記述します。 フラスコ

スポンサードリンク
ヒトオリゴペプチド-1(EGF)

医療現場で、やけど後の皮膚移植治療や、角膜切開での傷の回復に用いられています。53個のアミノ酸が結合して、主に皮膚の表の表皮層の新陳代謝を活性化させます。

肌のターンオーバーが正しくなることで、肌に残ったメラニンを押し出す作用が高まり、シミやくすみに役立ちます。

ヒトオリゴペプチド-9

ヒトオリゴペプチド-1の細胞の働きを強め、肌ストレスや老化などを和らげます。このことで、肌代謝を促進したるみ予防につながるのです。

さらに、肌弾力部分(基底層)のコラーゲン合成の促進と、強い紫外線のダメージによって起きるコラーゲンの分解を阻止します。

ヒトオリゴペプチド-6

肌の表面を覆う角質層は、基底膜で作られます。基底膜は、その下の真皮層から栄養をもらい、角質層を作っています。

この基底膜のタンパク質合成を促進させて、真皮層との結合を強くし、肌を強くする働きを持っています。

ヒトオリゴペプチド-21(IGF)

『人の若さの源は、成長ホルモンの分泌量である』と、いっても過言ではないはず。ヒトオリゴペプチド-21は、この成長ホルモンに似た働きをするペプチドです。

損傷した細胞の修復を促進し、老廃物を押し出す働きがあることから、肌内部の巡りを高めて、ターン―バー促進につながっていきます。脂肪燃焼をさせる作用もあり、フェイスラインのたるみやもたつき用に、化粧品に配合されていることもあります。

ヒトオリゴペプチド-11

紫外線で受けた肌ダメージを、修復する働きがあります。UVカット剤の下地クリームだけでは心もとない時、室内にいる時のために、紫外線に負けないスキンケアとして、使ってみるのもよいでしょう。

ヒトオリゴペプチド-13(FGF)

線維芽細胞増力因子と呼ばれ、コラーゲンやエラスチンを作る細胞を活性化させる働きがあります。

ヒトオリゴペプチド-13は、アメリカで肌老化を抑制する特許を取得しています。その検証結果には、線維芽細胞の数が増えた報告があります。このことから、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の増加が見込まれ、シワ、たるみ予防として化粧品に配合されています。

未知の部分が多い

最近でも、ペプチドの機能は、徐々に解明されてきています。コラーゲンペプチドなどは、口から摂取することで、コラーゲン生成を促す事実が発表されました。

とはいえ、疑念の声がないとも言えません。ただ、ペプチド化粧品を開発している多くは、皮膚科の医師であることが多く、根拠がないとは考えられません。

7種のペプチドを配合した、 MUNOAGEエイジングケアトライアルが、人気です。

スポンサードリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+