広告 

ほうれい線を薄くするなら生半可の覚悟では無理よ

鼻のわきから口の周りを囲むようにして、つくられたほうれい線は、笑顔を作るのも憂うつになるほどです。
特に小鼻の脇の深く織り込まれた折ジワには、アイクリームやプラセンタ原液を何度も塗って、持ちあがるようにお祈りします。『おお神よ~』

20131104tarumi

 

ほうれい線に関係している顔の部位とは

でも、ちょっと考えると、ほうれい線の深く窪んだ部分に栄養クリームも塗っても根本的な解決になっていないのです。
このことに気がつくのに、随分時間を要しました。

ほうれい線の原因は、頭皮から順に下へ下へと重力で、ズンズンとたるませている顔全体のたるみのためです。

しかも、ほうれい線やたるみの原因は、一箇所ではありません。
試しに検索画面で、『ほうれい線 乾燥』『ほうれい線 コラーゲン』『ほうれい線 筋肉』『ほうれい線 リンパ』『ほうれい線 食べ物』等と入れてみてごらんなさい。
全部、その筋の方達の詳細な説明を読むことができます。

つ・ま・り、一番外側の皮から、肌奥の筋肉までぜーんぶ関係しているのです。

  1. 乾燥 ⇒ 肌の一番外側部分
  2. 肌弾力層の劣化 ⇒ 真皮層のコラーゲンやエラスチン
  3. 筋肉の衰え ⇒ 表情筋を支える深層筋と呼ばれる筋肉
  4. 血行やリンパの流れ ⇒ 耳下腺リンパ節、頸部リンパ節、鎖骨リンパ節、腋窩リンパ節
  5. 栄養 ⇒ タンパク質や血流を促す食べ物

 

即効性のある解決策は、美容皮膚科へ行くこと

まったくもって、厄介な代物です。

美容皮膚科では、そんな厄介な話を飛ばして、ヒアルロン酸を窪んだところに注入する治療も行われていますし、弾力成分であるコラーゲンを増やすためのレーザー治療も行われています。

これは、これで、綺麗になりたい女性の願いがかなうので、大賛成なのですが、根本的な原因は、顔全体のたるみからきています。 (何度もすみません。)

ほうれい線を薄くしようと企てるなら、上記5つの中から一つでも二つでもケアを日常生活の中に取り入れていくことで、肌年齢を寄せ付けない、老け知らずの肌に近ずけます。

但し、上記の対策の前に必要なことは生活習慣です。
不規則でストレスの多い生活、偏りがちな食生活を送っていたら、いくら美肌ケアを行っても効果を実感することはできません。

スポンサードリンク

 

ほうれい線をうすくする化粧品

年齢を重ねた乾燥肌の場合は、体から肌へ送り込む保湿成分も少なくなっています。
ビタミンやミネラルなどの肌を丈夫にする食べ物を豊富にとり、溜めこんでいる水分を外部へ逃がさないようにすることが必要です。

化粧水でたっぷり保湿をした後、しっかりと肌水分を封じ込める栄養クリームを良質なものにします。
細胞同士を繋ぎ止める細胞間脂質をサポートするセラミドなどの成分は、外部からの刺激から守り、肌内部の水分を蒸発させません。エイジングケア化粧品に、セラミド入りのものが増えたのもこのためです。

肌弾力成分を補うために、コラーゲンやエラスチン配合の化粧品を選ぶなら、浸透力の高いもので、石油系鉱物油の配合されていなものがよいですね。化学合成成分は、肌負担を高め、肌老化に拍車をかけるからです。

肌を引き締めて、重力に負けないハリ感が実感できるものもプラスしてください。
日常生活でも、うつぶせになって寝ていたり、頬杖をついたりと、肌を甘やかす状況にしているとたるんできます。
キーワードは、肌、ピーンです。

 

顔のコリをほぐして、マッサージ

表情筋の奥にある深層筋は、血液から栄養分を運び、老廃物を取り除くポンプのような働きをしています。
深層筋の衰えは、栄養や老廃物が溜まったままになり、表情筋の衰えとなりたるむ原因となるのです。

ただ、マッサージや筋肉エクササイズは、マッサージの摩擦によりシミをつくったり、エクササイズのやり過ぎで表情じわを多くする等の、弊害もあります。

顔の筋力強化を図るためにマッサージや顔のエクササイズを行うなら、信用できる専用の指導書を元に正しく行う必要があります。

 

血行やリンパの流れを促す

リンパ管は、老廃物や疲労物質を排出させる働きを持っています。

リンパ管が詰まりやすくなる事で、むくみやたるみに繋がっていきます。
ストレスを溜めない生活習慣や、リンパマッサージ等を取り入れて、リンパの流れを良くしていきます。

長時間同じ姿勢をし続けた後は、疲労物質が溜まってリンパの流れも滞っています。
首を回したり、肩をすくめたり、腕を組んで前に伸ばしたりといったストレッチを取り入れて、タルミ予防に努めましょう。

 

たるみを防ぐ食べ物

肌の弾力成分であるコラーゲン、エラスチンは勿論、たるみに良いと言われている下記の食材を取り込んでみてください。

  • 納豆 ⇒ 大豆イソフラボンの保湿効果に期待
  • 牛筋 ⇒ コラーゲンがたっぷり
  • 鶏肉の皮や骨 ⇒ コラーゲンたっぷり
  • 明日葉 ⇒ 血行に良いポリフェノールやカリウムが含まれていてむくみ対策に
  • きゅうり ⇒ 血流、抗酸化機能、新陳代謝を促す働きに期待
スポンサードリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+