広告 

笑わなくてもできるホウレイ線は、気分をブルーにさせる

重力の法則に従ってズンズンと下へたるんでいく頬。最初は、顔が四角くなったとか、フェースラインにシャープさが無くなったと思っているうちに、小鼻の横の溝が深い?

なぬぅー。もしかして、ホウレイ線。

そう、笑うと口の周りを囲むようにして、出来るシワをホウレイ線っていいますが、笑わなくてもシワが目立ち始めると、気分は深刻です。ほうれい線

 

ホウレイ線ケアのあれこれ

今現在、代表的なほうれい線ケアについてあげてみます。

スキンケアの王道である保湿は大切

食い止めるのは、保湿ケア?いえ、肌の角質層の水分量が満たされれば肌はピーンと張って、幾分加重を食い止めることができますが、ホウレイ線ともなれば、既にへこんだ真皮層は手ごわくて改善しません。

下から頬を持ちあげるコラーゲンを食べる

ならば、コラーゲンサプリ?いえいえ、コラーゲンを食べても、ホウレイ線が目立ち始めるくらいなら、体のあっちこっちで不足し始めているはずです。肌の真皮層のコラーゲンは周知のとおりですが、人間の筋肉や骨を繋ぎ止める役割のあるコラーゲンは、引く手あまたなのです。

つまり食べても、気になる頬の所に直ぐについてくれません。

コラーゲンを直接塗って、ダイレクトに増やす

ならば、コラーゲン化粧品?コラーゲンを増やして欲しい部分に直接塗る化粧品は、とっても有功です。ただ、浸透力が足りなかったりとかで、思うようにプルンプルンの肌は難しいですね。

コラーゲン化粧品のサイトを見ても、『ホウレイ線』に良いなんてダイレクトに書いてくれているものはありませんでしたし。

美容皮膚科で治療(注射器でコラーゲンを注入)

今、期待はやっぱり美容皮膚科の施術。コラーゲンを直接注入したり、コラーゲンを合成するグロースファクターを注入したり、ヒートショックプロテイン(HSP)を利用したレーザーを当てたりと、ホウレイ線を薄くする治療が始められています。(※ヒートショックプロテイン(HSP)とは、皮膚のタンパク質にダメージを与えて、痛んだ細胞を修復させる働きが、必要以上にコラーゲンを生成する原理を利用した美容法。)

スポンサードリンク

ただ、どれも一時的で、定期的に美容皮膚科で治療を受け続けなくてはなりません。臆病な女子としては、自分のものでもないものを肌の奥に入れるのは、やはり、どうしても、おっかないと言うのが正直なところです。

注目はグロースファクター化粧品かな?

最近グロースファクター化粧品が進出するとともに、ホウレイ線の文字を見るようになりました。

グロースファクターの成分を使っていなくても、コラーゲン線維芽細胞に働きかけるものが、増えてきましたよね。

自己再生能力を高めるためには、当然肌環境は健康でなくてはなりません。適度に運動することも、コラーゲンを増やす秘訣だそうです。コラーゲン線維芽細胞だけに、働きかけるのではなく、他の組織も活性化する必要もあります。

垂れた頬は、単一のグロースファクターでは間に合わない

コラーゲン線維芽細胞が活性化できる肌環境にするためのグロースファクターを、たっぷり入れ込んだ美容液があります。アンプルールの『ラグジュアリー・デ・エイジリジョリューションV』です。その美容液の成分を見ますと、ゆるんで、だれていた肌組織の隅々まで引き締めて、グィッと垂れた頬を引き上げてくれそうな成分の顔ぶれです。エイジリジョリューションαプラス

  • 【HGF、IGF】肌の土台からしっかり支えることをサポート
  • 【DMAE】筋肉の収縮に関わる「アセチルコリン」の分泌を促して、頬をしっかり支える
  • 【植物幹細胞】線維芽細胞の他、多様な真皮細胞を生み出す力を強化
  • 【セルバイオファクター】細胞に活力を与えターンオーバーを促進

実は、デ・エイジシリーズには、トライアルがあります。美容液に化粧水とクリームが、ついているものです。トライアルは、初回でしか購入することができないので、正規品を買う前に購入しておくと、アンプルールのアイテムを、より多く試すことができます。7日間利用することが可能です。

スポンサードリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+