広告 

たるみ、ほうれい線への期待が高まる、コスメ業界

『たるみ、ほうれい線』向けの肌老化対策化粧品は、数年前まではありませんでした。肌弾力の減少による老化対策は、美容整形の領域で、セルフケアは難しいと考えられていたからです。マッサージや顔の表情筋トレーニングをすすめる方もいますが、当時は、まだまだその信ぴょう性に疑念の声が大きかったのです。

逆にマッサージはこすり過ぎてシミになるとか、表情筋トレーニングは折り込みジワを増やすと言われて、嫌煙されていました。

実年齢より若く見られたい女性のもっとも大きな要求は、たるみやほうれい線であるのにもかかわらず、有効な手段はなかったのです。筋トレ疲れした人

マッサージや表情筋トレーニングが見直されて気がついたこと

マッサージや表情筋トレーニングで、ほうれい線が解決する仕組みはこうです。表情筋と呼ばれる顔の筋力を動かすことで、血流やリンパの流れを良くして、肌細胞を活性化させます。肌細胞が働けば、弾力アップが狙えるわけです。

顔の弾力がアップすれば、口の周りのたるんだ皮膚が持ち上がり、ほうれい線が薄くなっていきます。

マッサージはシミを増やす、ならばピンポイントでリンパを押す方法も提唱されました。リンパを押すことで、リンパに溜まった老廃物や毒素をスムーズに排出させます。老廃物が排出されて巡りが高まり、肌細胞の環境を良くすると肌弾力アップになるというわけです。

エクササイズもマッサージの弊害を論じられた時代は終わり、今や、肌表面に刺激を与えることなく周波数によって、肌筋肉が鍛えられる時代になります。EMS美顔器といった名前は、聞いたことがあるでしょう。

肌刺激を抑えて指通りの良いマッサージクリームや、マッサージのやり方も明らかになりました。

肌筋肉を鍛える有効な手段がそろった今、多くの人は再び気がついたはずです。どんなに筋肉を鍛えても、栄養が不足していては無理だってね。年齢を重ねれば、否応がなく、美肌に関わる栄養は後回しになっていきます。生命を維持する栄養を、体は重要視するからです。

年齢を重ねたら外から栄養を補って、肌に直接与えてあげるしかないのです。

グロスファクターの働きが明らかにされる

やがて、少しづつグロスファクターと呼ばれる、肌組織を作る細胞を活性化させる成分が見つかり始めました。外側から大量に化粧品をつけなくても、肌組織を働かせれば、足りない栄養も補えそうだと分かってきます。

肌弾力の源であるコラーゲンを産生する細胞に働きかける、グロスファクターも明らかになりました。

次に、届けたい場所に届けるために、グロスファクター成分を微粒子化していきます。肌への浸透技術を、多くのコスメメーカーは競っています。

かつては、あり得なかった『ほうれい線やたるみ対策』の宣伝語彙を、化粧品に見られるようになりました。

エイジングケアは細分化されていく

従来、たるみ、深いシワ、シワ、表情ジワなどは、区別されることなく一種類のスキンケアしか用意されていませんでした。いずれも、肌深部の問題で、そう簡単に改善されるはずもないと、疑問に思いながらも化粧品を購入していたはずです。ひとくくりに、エイジングケアといった分類がされています。

マッサージを含め多角的なスキンケアが現れ、グロスファクター成分が発見されて、次に、肌悩み毎にケアを行う方向に変わっていくはずです。

小じわと深いシワは違いますし、たるみとほうれい線とも違います。まぶたのたるみと目の下のたるみも違っているはずです。同じ成分、同じマッサージ方法では、効果が半減しそうです。

ほうれい線専用のスキンケア

ほうれい線は、肌の弾力成分の変性に加えて、表情筋と呼ばれる肌の筋肉の衰えも関係しています。栄養や潤いで満たし肌環境を整えた後に、マッサージや肌筋肉トレーニングを取り入れれば、効果も上がります。栄養も潤いも足りないまま、マッサージや肌筋肉トレーニングを行っても、それこそシミやシワになってしまいますよ。

お勧めのメーカーがあります。たるみほうれい線ケア

スポンサードリンク
ビーグレンのたるみ・ほうれい線ケアセット

医療現場では、皮膚に湿布させて、体の組織に働かせる薬があります。薬を飲むことに抵抗がある方や、飲み忘れを防ぐために使われているようです。

そんな医薬品を研究していた医師ブライアン・ケラーが作った化粧品が、ビーグレンです。

皮膚から浸透させる薬からヒントを得て作られた、浸透技術は国際特許でもあります。確かに浸透する、そんな技術の裏付けがあります。

私は、ビーグレンのエイジングラインを使用した事があります。たるみ・ほうれい線で使われている各々のアイテムも、最新バージョンで、使ってテスクチャ―なども試してみました。各アイテムの紹介の中で、私の感じるところも書き加えてみました。

具体的に各ラインの働きは下記のとおりです。

洗顔料(クレイウォッシュ)

洗顔時のカサカサ感が、年々気になるようになりました。クレイウォッシュは、チューブからとり顔に馴染ませる瞬間から、洗い流してタオルで拭き取るまで、洗顔を行っている感覚がありません。

美容液をつけているような感覚の洗顔料です。
クレイウォッシュ

化粧水(10-YBローション)

肌の弾力成分の元となる、アミノ酸やグロスファクター成分を小さなカプセルに詰め込んでいます。カプセル1個に、バランスよく均一に成分が詰め込まれているので、むらなく肌の隅々までいきわたるようになっています。この働きを、「QuSomeR モイスチャーバリア コンプレックス」と呼ぶのだそうです。

2015年10月のリニューアルでは、特にグロスファクター成分に重点を置き、注目のヒトオリゴペプチド-13をはじめ、EGF様成分やIGF-2など豪華に入れ込んでいます。化粧水

ビタミンC美容液(Cセラム)

肌弾力の生成を助ける有効成分は、ビタミンCです。他、緩みがちな肌を引き締め効果もあります。

濃厚度であることと、QuSomeの浸透技術で肌奥まで届けるので、少量でも大きな働きが期待できますよ。ビタミンC美容液

マッサージクリーム(QuSomeリフト)

通常のイメージである、分厚く塗って肌摩擦を軽減させるタイプのマッサージクリームとは違っていました。乳液よりちょっと濃密なテスクチャ―で、たっぷり水を吸収して柔らかくなった肌が指の圧力に、反応して上下しました。

引き上げと引き締めを可能にする成分を、バランスよくカプセルに封じ込め、肌にまんべんなく浸透させていきます。この働きを、ビーグレンではQuSOmeフェイスリフトコンプレックスと呼んでいます。 マッサージクリーム

クリーム(QuSome モイスチャーリッチクリーム)

肌コンディションの低下が気になる肌に弾力を与え、深いシワやたるみを押し返す。ビーグレン独自の複合成分・「QuSomeR エイジリカバー コンプレックス」配合しています。

ピーンとしたハリと同時に、空気が一杯詰まったボールのような弾力感が実感できました。 クリーム

新製品をワクワクしながら使ってみました初日~2日目の商品レビュー

エイジングプログラムの4アイテムをワクワクしながら、使用してみました。
先ずは初日。
各アイテムごとにリンクを貼ってみました。リンクの先は、私のレビューです。

スポンサードリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+