広告 

きりっとした顔になるには、知性もあるけどスキンケアも大事よ!

高齢の女性が素敵に見える条件は、きりっとした顔でしょう? 
あとは、知性と品格なんじゃないかって思うのです。

どうも、私はそのいずれもあてはまることはなく、ぬか味噌臭い庶民派おばさんに、甘んじているわけですが、ビーグレンのエイジングケアを1ヵ月試して、もしかしたら『私も』ってちょっと思いました。
ビーグレンエイジングケア

 

肌環境をよくしたら、顔って引き締まるのね

なんと、顔が引き締まっているじゃないですか!
顔がたるんでしまうのは、皮膚の乾燥、表情筋など衰え、弾力部分の減少などがあるのですが、脂肪によるたるみも原因しているのだそうです。

やはり、私はデブだし、エイジングケア使ってみても、たるみの改善は無理かもって内心思っていました。
ビーグレンのエイジングケアを1ヵ月使ってみて、スチームサウナの後のような顔になっています。

スチームサウナって、皮膚が柔らかくなって、汗と一緒に皮膚に溜まった不要物が排出されて、毛穴の汚れも同時にとれます。リンパの流れも血行も良くなるので、むくみが解消されるのです。
諦めていたちょっぴり素敵に見える条件のひとつである、『きりっとした顔になっている』って、私自身は、大満足しているのです。
ビーグレンエイジングケア

 

15日目の報告をおさらい

15日目に報告した、ほうれい線の左右長さが違うことですが、やはり、今でも違っています。(15日目の記事はこちら。)

ただ、思いっきりニィーッって笑って口を横に伸ばしたら、同じ長さのほうれい線が現れました。
表情を変えないままだと、右の方のホウレイ線が若干長く見えます。
このまま続けていたら、もしかしたら消せるかもと、妄想の世界に入り込んでニヤニヤしてしまいそうです。

 

気づかなかった他のメーカーとの差がよく分かるように

今日、ローションを1ヵ月ぶりに、他のメーカーのものを使ってみましたら、あまりにもサラサラ感が強くてビックリ。
そのローションも、濃密でとろみ感のあると言われているものだけに、いかにビーグレンのローションが重かったのかと分かったのです。
ビーグレンエイジングケア

 

ビタミンC美容液・Cセラムも、最初に感じたほんのり暖かい刺激は、1ヵ月たった今はありません。
毛穴はどうだろうって、毛穴を覗いてみます。すると、目が悪くなったのかしらと思うほど、毛穴がぼやけて見えます。
くっきりとシャープに開いていた毛穴が、少し引き締まったのかな?
ビーグレンエイジングケア

他の保湿化粧品と比べると、ふっくら感はそれほど感じません。
ただ、肌の奥からこみ上げるしっとり感はあります。
例えば、うるおいの持続感を実感する時は、メイクして外出後、メイクオフした後です。メイクオフ後も、しっとり感があり、かりにそのままローションだけで就寝したとしても、まだ潤い続けているじゃないかって思えるほど、充実した肌になります。

スポンサードリンク

潤い持続力ありますよ。

 

ずしりと重いのに、べたついていないと感じました。

最近の化粧品は、べたつきを嫌煙する声に反応して、重いものが減った気がします。
うるおいも肌弾力もない、カサカサ・スカスカになった私の場合は、最近のさっぱり系の化粧品はいささか物足りないと感じていました。
その矢先に使用した、ビーグレンのエイジング化粧品は、私には合っています。

ずっしりと水分が浸透しつづけているのに、肌に手をあててみると、自らの皮脂かと思うぐらいのべたつき感です。 (自然な感じ)

とある時、スキンケアを終えた後、刺激のある洗剤を素手で使用して、普通なら手荒れするところだったのに、しっとりとした手のままだったことも、驚きでした。

2種類のクリームを重ね付けするのに、いささか抵抗感がありましたが、強い油膜感や息苦しさはありません。
たっぷり水分で満たされて、肌のコリが取れていくようでした。
ビーグレンエイジングケアビーグレンエイジングケア

 

エイジングケアは、最も肌の根幹部分のケアなので、どうしても時間がかかります。
実感する効果も、人それぞれでまちまちだったりします。
4アイテム試せる1週間のトライアルがありますが、自分に合うエイジングケア選びの指針として、使ってみることをおすすめします。だって、新しい発見があるに違いないって、思いますもの。

 

これまでの体験レビュー
初日~2日目の体験レビュー

 

15日目の体験レビュー

15日目の体験レビューはこちらです。 ⇒ 浸透技術の高保湿力を実感したスキンケア、15日目経過

スポンサードリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+