広告 

たるみ用のスキンケアは万能ではないけど、必要性は大

顔がたるむ原因は、それはそれはたくさん。乾燥、弾力低下、血行、筋力の低下、代謝低下などなどです。

大切なことは、たるみ始めたら、スキンケア対策も思案する時です。重力に従い、皮膚が下がれば毛穴も下へひっぱられて帯状毛穴を作ります。たるみが、目尻のしわ、ほうれい線をつくる場合もあるからです。

たるみ対策のスキンケアを行い続ければ、肌トラブルの進行を遅らせられます。原因は、スキンケアだけではないと、ゆったりと構えていると、肌代謝も衰えて巡りも悪くなり、どんどん肌環境は最悪の事態も招きかねません。ほうれい線を気にする女性

たるみにキーとなる成分は?

オススメは、たるみに重点を置いたスキンケア。どのたるみ用スキンケアも、使えば一気に肌環境が良くなるのは、たるみで悪化していた肌環境の改善のせいです。スキンケアだけでたるみが、改善されないことを、承知の上で地道な努力を続けてください。肌老化が進行を遅らせます。

毛穴対策に良く用いられるビタミンCと、しわに良いレチノールは、忘れてはならない美容成分です。たるみに働きかける成分の組み合わせに、ビタミンCやレチノールが、配合されているか否かのチェックは大切です。

たるみによる帯状毛穴

帯状毛穴をそのまま放置しておくと、毛穴は形状記憶されて、広がって元に戻りません。たるみケアを軽視は、さらに巡りを悪化させ、ますます毛穴は縦に伸びてしまいます。

広がった毛穴には、メイクや皮脂、古い角質が入りやすく、大人ニキビや毛穴の黒ずみにつながります。毛穴の汚れを取るために、強い洗顔料を使ったり、十分すすぎを行わないで洗顔料を毛穴に残したままになったりと、トラブルを引き寄せていきます。

通常毛穴は、ビタミンCで引き締め、保水力のある成分で小さくさせられます。ビタミンCを浸透させたり、シートパックで保湿対策は、もう手慣れているはずですね。

スポンサードリンク

毛穴どうしがつながって、帯状毛穴になれば、話は別。肌の内側の働きを補う成分が必要です。表面だけを保湿するのではなく、潤いが継続し続けるためには、肌自身が潤いを保ち続ける必要があるからです。

帯状毛穴のスキンケアを使い続けて、良い悪いの判断は、毛穴が小さくなると同時に、潤いが長時間に続くことが、めあすです。テスクチャーや香りだけで、判断するのは若い頃の話です。

たるみによるしわ対策

顔の骨のない部分から、皮膚や肉がたるんでいくことから、骨がある周囲にしわが出来やすくなります。目の周りのしわ、口の周りのほうれい線やマリオネットラインが、物語っていますよね。おでこのしわだけは別で、乾燥や眉間にしわを寄せるなどの表情じわが大きな原因です。

いずれにしても、顔がたるむとしわを呼び寄せてしまいます。

肌が内側から潤い続けていれば、皮膚を強く折り曲げられません。肌水分が邪魔をして、折る力に抵抗をかけるためです。さらに、肌内部の弾力を補えば、折り曲げる力に反発さられるのです。

肌弾力にパワーを与える、レチ―ノールやビタミンC、低分子コラーゲンや、バランスの良いペプチドなどが必要です。

使い続けて、良い悪いの判断は、帯状毛穴と同じです。毛穴が小さくなることと潤いが継続することです。また、これはと思えるレチノールやビタミンCなどの中核である成分が、高濃度に配合されていることではないでしょうか?

配合成分が多いことの弱点を知る

エイジングケア化粧品と言えば、多くの成分名が羅列されていて、なんとなく豪華な気持ちにさせられます。成分が多いと言うことは、中核となる成分の配合率も低いと考えられます。成分濃度を明確にしているメーカーや、レチノール単体の原液などを選ぶのは良い方法です。

また、浸透力もたるみスキンケアでは、注視して選びます。しわが出来にくい肌は、内側から潤い続けていることと、弾力が太く強いことが条件です。そのためには、成分が深く浸透する必要があるのです。成分を浸透させる技術は、コスメメーカー毎に異なっていますので、コスメメーカーが発表しているエビデンスなどを参考にする必要があります。

スポンサードリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+