広告 

減らさない、生成を促すのダブル効果のBBクリーム

コラーゲンを塗ったり、サプリで摂取する前に、まずはUV対策です。
紫外線に当たる事で、コラーゲンが減って損をしているってご存知でしたか?

紫外線は、UVAとUVBの2つの波長の異なる光線を持ち、肌を乾燥させたり、シミをつくったり、あげくにはコラーゲン線維にダメージを与える悪いやつです。
こうした被害に遭う事を、光老化と呼んでいますが、対策をしっかりすれば、若い肌は守れます。
空

 

紫外線UVAが、しみやシワの原因に

UVBは波長が短いために、肌表面までしか届きませんが、UVAは別です。
メラニン色素の合成を促し、シミやくすみの原因をとなります。
さらに真皮層の届いたUVAは、コラーゲンやエラスチンをつくる線維芽細胞をダメージを与えてしまうのです。

UVAの基準値であるPAの指標が、プラス3から4つにまで引き上げられたのは、今までの基準では十分ではないためだからでしょう。
年々、オゾン層は破壊され続けており、そのために紫外線も年々強くなってきているからです。

コラーゲンやエラスチンの働き

コラーゲンやエラスチンは、内側から肌を押し上げてハリを持たせる、クッションのスポンジのようなものです。柔らかいけれども、びっしりと詰まっている方がいいのは、クッションも肌も同じということです。
クッションの写真

 

また、コラーゲンやエラスチンの働きは、ハリだけではありません。肌水分を保ったり、古い角質を垢として剥がし、新しい皮膚を作りだす新陳代謝の促進にも関わっています。
シワやたるみが出てくる年齢になると、肌のキメは乱れ、乾燥がちになるのは、コラーゲンやエラスチンの減少が原因となっているためです。しわやたるみがあるのに、肌がつるつるというおばあちゃんを、あまり見ませんし。

スポンサードリンク

 

UV防御率と肌負担は、必ずしも比例しない

BBクリームを選ぶときは、肌に直接長時間つけるものなので、肌負担には神経質になります。

成分表示を見て、保存料やタール系色素の有無などを、チェックする人も多いはずです。
タール系色素は確かに、色素沈着の原因となると言われていますが、紫外線も色素沈着の原因になります。

UV防御率が高いと、肌負担を大きいと考えがちですが、SPF50以上、PA++++の最高値のBBクリームでも、敏感肌に使えるものが出てきています。
だからといって、屋外に出る用事もないのに、高い値のものをつける必要も無いと思われます。

安全であるとわかっていても、肌負担を最小値になるように、自己防衛はするべきです。
その日の行動範囲から紫外線を浴びる量を考えて、BBクリームも使い分けていくことが出来ればと思います。
ファンデーション色々

私が使用している自宅用のBBクリームは、こちらです。

 

年齢でもコラーゲンやエラスチンは、減っていく

コラーゲンやエラスチンは、紫外線だけでなく、年齢を重ねることでも失われていきます。
生成する能力が衰えていくからです。

コラーゲンやエラスチンを生成する線維芽細胞に、働きかける成長因子配合のBBクリームがあります。
メイコー化粧品のBBクリームです。

紫外線を浴びる量は同じなのに、年上の方がシミができやすいのは、新陳代謝の差です。
失われる以上に作る量が多ければ、紫外線の肌老化もそれほど怖くはありません。

メイコーのMC・BBクリームを使ってみました。

スポンサードリンク
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+